投資信託による資産運用

投資信託における税金

NISAやIDECOで賢く投資

投資信託の売買に伴う譲渡益や分配金収入には、現在約20パーセントの税金がかかっていますが、NISAやIDECOといった制度を利用すれば、これらの税金はかからなくなります。また、これらの優遇税制制度を使用した場合には、売買にかかる手数料も安くなっていますから、非常にお得な制度となっていると言えます。しかし、投資の世界においては、価格の変動が当たり前のものとなっていますから、売り時と買い時のタイミングを間違えてしまうと損失を蒙ることもあります。ですから、積立方式を利用するのが賢い方法と言えるかもしれません。

プロに資産の運用を任せる

投資信託とは、たくさんの投資家から資金を調達して、そのお金をもとに専門家が株式や債券等を購入し、預けられた資産の価値向上を図るという仕組みの金融商品です。インベスター側からしてみれば、その分野の専門家がプロフェッショナルな観点から株式や債券の売買を行ってくれますから、安心して資産の運用を任せることができるというメリットがあります。特に、最近は日本でもNISAやIDECOといった税制優遇制度が整備されてきていますから、積立方式でこれらのファンドを毎月こつこつと購入していくようにすれば、効果的な資産運用ができると言えるでしょう。

投資の凄い情報

↑PAGE TOP

Menu