• トップ

プロが運用、投資信託

投資信託の基礎知識とは

投資には基礎知識は必要です

投資信託の基礎知識としてはまとまった資金を預けてファンドマネージャーにその運用を任せるというシステムになっています。そして利益を出す場合もあれば損失を出すこともありそこにリスクも存在することを知っておく必要があります。投資信託はファンドとも呼ばれ実会社で運用する方法とインターネットを利用する方法がありいずれも購入する際には販売手数料、途中の報酬額、それにその財産留保額という3種類の手数料がかかって来ることになります。手数料は会社によって違い、インターネットの証券会社を利用するほうが人件費もそうかからないので安いという特徴があります。

各種信託商品の選び方

投資信託は、プロが運用をしてくれる商品です。株式、債権、リートと呼ばれる不動産を対象とするものがあります。もちろんこれらをさまざまな組み合わせや、割合でひとつ投資対象ができあがります。また国内に限定したり、海外に限定したり、それらを組み合わせたりしたものもあり商品数は本当にたくさんあります。なので自分が注目する対象を検討しながら、セレクトすることができます。一般的に一万円くらいの少額から運用することができます。元本が保証される預金とは異なるリスク商品ですが、自分で選び抜くことができる楽しさがあります。

投資の凄い情報

新着情報

↑PAGE TOP

Menu